哺乳瓶で歯並びが変わる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

カテゴリー:歯並び

赤ちゃんは母乳育児でも補助的に哺乳瓶をつかったり、母乳出ない場合には日常的に哺乳瓶を使うことになります。

歯並びが変わるといわれていますが、生まれて数か月の間は歯が生えていませんし哺乳瓶を使う期間は人にもよりますがそれほど長くはありません。

歯並びに影響があるといわれていますが、そこまで気にする必要はないのが実際のところです。

ですが、あまり長く卒業できないでいると影響を及ぼすことがあります。

歯並びが気になるようであれば、なるべく早めに哺乳瓶を卒業するのも一つの方法です。

母乳育児では気にする必要がありませんし、たまに使うくらいなら気にする必要はありません。

しかし、一般的にそこまで気をつかう必要はないといえます。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    乱杭歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  2. カテゴリー:歯並び

    【キケン】自力で歯並びを綺麗にする事をおすすめできない3つの理由

  3. カテゴリー:歯並び

    歯並び矯正で犬歯を平らに削るメリットデメリットを徹底調査!

  4. カテゴリー:歯並び

    歯並びと首の痛みの意外な関係性について徹底解説!

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びの悪さは歯周病のもと!毎日の歯磨きで気を付ける3つのコツ

  6. 歯並びと目の大きさの意外な関係性について徹底解説!