矯正歯科でデンタルローンを組むメリット・デメリットを紹介します

矯正歯科での実費治療は高い治療費が必要になりますが、まとまったお金が用意できなくてもデンタルローンを組むことで、治療を受けられることが最大のメリットです。

特に安定した収入のある方は審査に通りやすく、返済予定を立てやすいのでローンを組んでも切り詰めて生活する必要はありません。

ただし、デメリットもあります。

矯正歯科は個人によって治療が終わるまでの期間や料金が異なります。

あまりにも歯並びが悪く、歯を数本抜かなければいけない場合はそれだけ通院期間が長いだけでなく、その間の治療費もかかってしまうのです。

また、ローンには金利が上乗せされるため、最終的に支払う金額は一括で治療費を支払うよりも少し高くなります。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    【口臭】歯科矯正中のよくあるトラブル対処法を教えます!

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    《50代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正中に頭痛が起こる原因と痛みを和らげるコツ【知恵袋】

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    【確定申告】矯正歯科が医療費控除対象になる場合を解説

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    矯正歯科を安く提供出来るのはナゼ?そのからくりを大公開!