【確定申告】矯正歯科が医療費控除対象になる場合を解説

カテゴリー:疑問・トラブル

歯並びをきれいに治療すると、どんな人でも口元が上品になり清潔感があって印象が良くなります。

そこで自分も矯正歯科治療を受けたいと思っている人も多いことでしょう。

だが、虫歯治療などと違って矯正歯科治療は審美性を問う治療であるために、健康保険適応外の自費治療扱いになることがほとんどです。

しかし、咀嚼や発声に問題があって健康被害が考えられ上顎前突症など、病名が付けられると健康保険適応で治療できるほか、年末の確定申告でも医療費控除の対象になります。

確定申告の医療費控除を受ける場合には、歯科医による診断書を必ず添付して提出するようにしなければなりません。

自分が上顎前突症などになるか、治療の際には一度確認を取ることをお勧めします。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正中に頭痛が起こる原因と痛みを和らげるコツ【知恵袋】

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    【口臭】歯科矯正中のよくあるトラブル対処法を教えます!

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    健康保険は使える?矯正歯科の治療前に抑えておくべきポイント

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    《40代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    妊娠してから部分矯正を始める前に抑えておくべきチェックリスト