妊娠してから部分矯正を始める前に抑えておくべきチェックリスト

カテゴリー:疑問・トラブル

妊娠してから部分矯正を始めるに抑えておくべきチェックリストは、妊娠初期ならつわりなどの影響でかなりつらい思いをすることがあるので注意が必要です。

食欲がなくなったりあっても偏ったものしか食べられなくなることが多い時期なので、口内環境を良好に保ちにくくなります。

妊娠中に部分矯正をするのであれば、つわりなどがない時期がより安心ですが1か月に1回の通院が必要になりますので出産の時期にどうするかを考えておく必要があります。

里帰り出産をする場合には、通院しにくくなりますのでそのあたりのスケジュールを調整しなくてはなりません。

妊娠中にはただでさえ体調が変化しやすい時期ですし、それに加えて赤ちゃんが生まれてからのことも考える必要があります。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正中に頭痛が起こる原因と痛みを和らげるコツ【知恵袋】

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    【口臭】歯科矯正中のよくあるトラブル対処法を教えます!

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    健康保険は使える?矯正歯科の治療前に抑えておくべきポイント

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正の通院頻度は?医師が診察するポイントをまとめてみた

  6. 矯正歯科でデンタルローンを組むメリット・デメリットを紹介します