歯科矯正中でも虫歯治療は可能なのか?【お口のトラブル】

カテゴリー:疑問・トラブル

歯の矯正中は、歯に器具をつけているので歯磨きがしにくくなるため虫歯になりやすいです。

鏡を見ながら磨き残しがないように丁寧に歯磨きをすることが大切ですが、いつもいつも丁寧に磨くことは難しく虫歯になることがあります。

軽い場合は矯正を終えてからむ虫歯治療をすることはできますが、痛くなるなどトラブルを抱えると矯正中でも一時的に器具を外して虫歯治療をしなくてはいけません。

虫歯治療を行っている歯医者なら矯正中でも治療ができますが、美容系の矯正歯科専門の歯医者は、一般的な牛場治療を行っていない場合が多いので、その場合は別の歯科で虫歯治療を行うことになります。

その点は矯正を行う時に着ておくことが勧められます。

専門医にしても一般の歯科にしても矯正歯科では、矯正をするときに正しい歯の磨き方の指導や矯正中の定期検診があるので、その時にしっかりと指導をしてもらい実行することが虫歯を予防するための対策となるのです。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正の通院頻度は?医師が診察するポイントをまとめてみた

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正NG!?矯正が難しい出っ歯の特徴について

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    矯正歯科のトラブルはどこに相談すべき?【初めての矯正歯科】

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    《20代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  5. 矯正歯科でデンタルローンを組むメリット・デメリットを紹介します

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点