《歯科矯正》歯ブラシの選び方と初心者でも扱いやすいおススメ3選

カテゴリー:歯科矯正

矯正歯科で治療をしている時は歯磨きは大切で、使う歯ブラシも正しいものを使用しなければなりません。

まず選ぶのは毛先の柔らかいもので、なぜなら硬いものは強く磨くと装着している器具を外すことがあるからです。

器具は精密に取り付けられているので強い力には弱く、わずかな歪みも治療に影響します。

ブラシの先端は小さなものを使用して、器具と歯の隙間にも毛先が入り込みやすいものを使用します。

隙間は食べ物のかすがつまりやすく、詰まれば虫歯の原因になります。

小さなものでていねいに磨くことが虫歯予防に繋がります。

他にも歯ブラシの毛先の並びも大切で、毛が密になりすぎていたり隙間が多いものはきれいに磨くことができません。

矯正歯科では3~4列の整ったブラシを推奨しています。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正|矯正歯科の治療方法の特徴をまとめてみた!

  2. カテゴリー:歯科矯正

    【裏側矯正】矯正完了までの流れを徹底的に調べてみた!

  3. カテゴリー:歯科矯正

    ブラケット矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  4. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  5. カテゴリー:歯科矯正

    矯正歯科で外科手術が必要な場合と入院期間について

  6. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正で八重歯解消する方法と矯正後もキレイに保つコツ