部分矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

カテゴリー:歯科矯正

部分矯正は前歯といった部分の歯列を美しく矯正する方法の一つですが、治療期間が短い上に費用も少なくて済むといったメリットもあり、多くの方が治療をされています。

しかし、部分矯正にもいくつかデメリットがあります。

部分矯正はあくまで見た目だけ良くするための矯正になりますので、偏った咬み合わせになってしまうリスクがあり、顎の痛みが生じてしまったり、身体の不調が現れる可能性が出てきます。

二つ目のデメリットとしては、前歯の叢生を部分矯正するケースで、歯列をきれいにするためのスペースが必要となる為に、歯と歯の間の接触面を削る必要があったり、健康な歯をやむを得ず抜かなければならないこともあります。

本来は抜く必要のない歯を抜きたくない方は、部分矯正ではなく全顎矯正をおすすめします。

また、3つ目のデメリットとして、不正の状態が強く出ている場合は部分矯正で対応できないケースも有り、患者さんの状態によって部分矯正が対応できないこともあり得ます。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    顎関節症で歯科矯正を検討する際に抑えておきたい3つのポイント

  2. カテゴリー:歯科矯正

    下の歯の部分矯正で実際に必要な費用と内訳を徹底解説!

  3. カテゴリー:歯科矯正

    【体験談】前歯の部分矯正を実際に受けた感想をまとめてみた

  4. カテゴリー:歯科矯正

    後戻りを防いで歯科矯正を成功させるための3つのコツを教えます

  5. カテゴリー:歯科矯正

    矯正歯科で外科手術が必要な場合と入院期間について

  6. カテゴリー:歯科矯正

    ワイヤー矯正と他の矯正方法で歯の動くスピードを比較してみた