金属アレルギーの方でも始められるワイヤー矯正を紹介します

カテゴリー:歯科矯正

ワイヤー矯正は金属製のワイヤーとメタルブラケットを歯に装着して動かしていくため、金属アレルギーが生じる可能性があります。

金属アレルギーの方は他の装置の検討が必要です。

一言で金属アレルギーといっても金属の種類は多数あるため、アレルゲンを特定しましょう。

アレルゲンを特定した結果、矯正する際に金属が使用できない場合は、審美ブラケットを使用した矯正となります。

金属とは異なり、半透明のブラケットで金属アレルギー以外、見た目を気にする方が利用されます。

ワイヤーも白くコーティングすることで、アレルギーへの対策が可能です。

マウスピース矯正では治療が難しいことがあります。

審美ブラケットはお値段が少し高くなりますが、ワイヤー矯正という選択肢が広がるので検討してみるとよいでしょう。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    下の歯の部分矯正で実際に必要な費用と内訳を徹底解説!

  2. カテゴリー:歯科矯正

    《歯科矯正》歯ブラシの選び方と初心者でも扱いやすいおススメ3選

  3. カテゴリー:歯科矯正

    子供の歯科矯正|費用は?治療方法別に費用相場を大公開

  4. カテゴリー:歯科矯正

    歯列矯正で抜歯をすべきケースとそのメリットについて説明します

  5. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  6. カテゴリー:歯科矯正

    【部分矯正】矯正完了までの流れを徹底的に調べてみた!