《部分矯正》インビザラインとブラケット矯正との違いについて調査

カテゴリー:インビザライン

部分矯正のインビザラインとブラケット矯正は、前者の方が通院回数が少なく、また痛みが少ないというメリットがあります。

加えてインビザラインは患者さん自身で取り外しが可能ですから、違和感なく食事や歯磨きをすることができます。

一方、治療費はブラケット矯正よりもインビザラインが高くなる傾向ですが、部分矯正なので詳細は装着する場所によって変わってきます。

ブラケット矯正のメリットは適応する症例の幅が広く、インビザラインのみでは対応できない場合でも対応可能な点です。

インビザラインは取り外し可能なので、患者さんが自己管理をする必要があります。

それと薬機法の対象外ですから、いわゆる医薬品副作用の被害救済制度は受けられないです。

関連記事

  1. カテゴリー:インビザライン

    【インビザライン】マウスピースを交換する頻度は?付け替える時の3つの注意点

  2. カテゴリー:インビザライン

    【確定申告】インビザラインが医療費控除対象になる場合を解説

  3. カテゴリー:インビザライン

    【インビザライン矯正】マウスピースの作り直しはいくらかかる?

  4. カテゴリー:インビザライン

    インビザラインを1日付けなかった場合の影響について解説します

  5. カテゴリー:インビザライン

    外食でのインビザライン矯正を外すタイミングとマナーについて

  6. カテゴリー:インビザライン

    《北九州エリア》安いのにインビザライン認定医がいるクリニック3選