歯列矯正で抜歯をすべきケースとそのメリットについて説明します

カテゴリー:歯科矯正

綺麗な歯並びはコミュニケーションや社会生活上で人々を魅了し、プラスに働くことがあります。

笑顔の時にきれいな歯並びの歯が見えると、それだけでその人に品性や知性を感じさせられ良い印象を持ってしまいます。

そのため自分も矯正治療をしたいと考えている人も多いです。

矯正治療は単に、ワイヤーやブラケット、マウスピースを装着すればすぐにきれいな歯並びになるといった単純なばっしにものではありません。

顎の骨や顎のキャパシティを考えながら歯を動かす必要があり、顎が小さい場合には抜歯の必要があります。

歯を抜くことで顎の骨にきれいにすべての歯が並ぶようにするのです。

また親知らずを抜歯してから矯正歯科治療をした方が、親知らずがほかの歯を動かすことがなくなり半永久的にきれいな歯並びを維持できるメリットもあります。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正で八重歯解消する方法と矯正後もキレイに保つコツ

  2. カテゴリー:歯科矯正

    《歯科矯正》歯ブラシの選び方と初心者でも扱いやすいおススメ3選

  3. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  4. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正中のブラッシングのコツとおすすめ歯ブラシ3選【保存版】

  5. カテゴリー:歯科矯正

    マウスピース矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  6. カテゴリー:歯科矯正

    【部分矯正】矯正完了までの流れを徹底的に調べてみた!