裏側矯正中のブラッシングのコツとおすすめ歯ブラシ3選【保存版】

カテゴリー:歯科矯正

裏側矯正の歯磨きの仕方は金具付近のごみだまりを取り除くことが重要です。

また、でこぼこした形状が金具によってできており、挟まれている汚れをかき出す必要があり。

これを実現するのがポイントブラシです。

点当たり歯みがきの仕方が実現するのでそれを利用するとカキじつなブラッシングが可能となります。

まずは、えびすのポイントブラシで毛先が硬いものを選択できることがポイントです。

毛先が硬いとしつこい汚れが取れやすくなりますし、耐久性も高いです。

つぎに、ラピスワンタフトで毛先がや若いので歯茎のダメージが気になる方に適しています。

おしゃれにこだわりたいときには、ラピスワンタフトのカラーバージョンがあり柄の部分がカラフルに仕上がっているため見た目がいいのです。

裏側矯正の歯磨きの仕方はこれらの商品の活用が有効となります。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    下の歯の部分矯正で実際に必要な費用と内訳を徹底解説!

  2. カテゴリー:歯科矯正

    出っ歯の部分矯正で実際に必要な費用と内訳を徹底解説!

  3. カテゴリー:歯科矯正

    部分矯正で出っ歯を治すための治療法を程度別に紹介します

  4. カテゴリー:歯科矯正

    マウスピース矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  5. カテゴリー:歯科矯正

    子供の歯科矯正|費用は?治療方法別に費用相場を大公開

  6. カテゴリー:歯科矯正

    部分矯正でフェイスラインが変わる人の3つの特徴を大公開!