【裏側矯正】矯正完了までの流れを徹底的に調べてみた!

カテゴリー:歯科矯正

裏側矯正の流れでは、最初にカウンセリングを行い患者さんの希望を聞いたり疑問や不安を解消します。

その後精密な検査と診断を行い、それを元に裏側矯正の計画を立て患者さんに説明します。

患者さんが納得すれば計画を基に治療を開始する流れになり、裏側矯正に必要な装置を取り付けたらあとは保定期間です。

保定期間は一般的には2年間ほどとされ、その期間内は裏側矯正の装置はほぼ付け続けなければいけません。

裏側矯正の装置を取り付ける前に、必要なら虫歯や歯周病などの治療も行ってから本格的な矯正を始めるのが一般的な流れです。

裏側矯正の基本的な流れはこの様になっており、クリニックごとに若干の違いはあるものの大きな差はありません。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正中のブラッシングのコツとおすすめ歯ブラシ3選【保存版】

  2. カテゴリー:歯科矯正

    下の歯の部分矯正で実際に必要な費用と内訳を徹底解説!

  3. カテゴリー:歯科矯正

    矯正歯科で外科手術が必要な場合と入院期間について

  4. カテゴリー:歯科矯正

    ワイヤー矯正と他の矯正方法で歯の動くスピードを比較してみた

  5. カテゴリー:歯科矯正

    子供の歯科矯正|費用は?治療方法別に費用相場を大公開

  6. カテゴリー:歯科矯正

    顎関節症で歯科矯正を検討する際に抑えておきたい3つのポイント