おしゃぶりで歯並びは悪くなる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

出っ歯や八重歯といったいびつな歯並びは、その人にとってコンプレックスになりやすいです。

口元が下品に見えたり、だらしなく感じられることもあるので、いびつな歯並びは矯正歯科クリニックで相談し治療を施すことが大事です。

ではなぜ出っ歯や八重歯といった悪い歯並びになるのか、それは子どもの頃の悪い習慣や癖も大きく影響しています。

おしゃぶりや爪を噛むという行為は、上顎が前に延び出っ歯に成りやすいといわれます。

おしゃぶりなど悪習慣がある子どもは、できるだけその癖を早めにやめさせることが大事です。

おしゃぶりの場合、幼稚園の年少さんまでには極力おしゃぶりを病めるようにしたいものです。

この段階でやめることが出来れば、正常なあごの発達が期待できます。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    歯並びは親子で遺伝するのは本当?【矯正歯科のウソ・ホント】

  2. カテゴリー:歯並び

    子どもの歯並びを気にかけ始めるのに最適なタイミングとは?

  3. カテゴリー:歯並び

    歯並びと首の痛みの意外な関係性について徹底解説!

  4. 歯並びと目の大きさの意外な関係性について徹底解説!

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びが悪い人に共通する3つの癖の特徴とは

  6. 手鏡ひとつで出来る歯並びのセルフチェック5項目