歯並びと精神疾患の意外な関係性について徹底解説!

カテゴリー:歯並び

歯並びが悪いことは決して珍しいことではありませんが、虫歯や歯周病などの問題が生じるリスクが高くなるので、放置しておくべきではないです。

また、歯並びの悪さが精神疾患と関係していると指摘されています。

歯並びが悪いことにより何らかのストレスを感じてしまい、それが原因でうつ病などの精神疾患に発展してしまうことが少なくありません。

さらに歯並びが悪化することで、神経や内臓などの消化機能に影響が生じることで、精神疾患を発症してしまうこともあるみたいです。

歯並びの悪いと人の見た目が悪くなってしまうので、それがコンプレックスになってストレスを感じてしまうケースが多いです。

コンプレックスになると人前に出るのが嫌になり、うつ病になりやすいです。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    出っ歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  2. カテゴリー:歯並び

    【キケン】自力で歯並びを綺麗にする事をおすすめできない3つの理由

  3. カテゴリー:歯並び

    乱杭歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  4. アメリカで歯並びが最低限の身だしなみとされている理由とは?

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びと肥満の意外な関係性について徹底解説!

  6. カテゴリー:歯並び

    歯並び矯正で犬歯を平らに削るメリットデメリットを徹底調査!