子どもの理想的な歯並びの3つの特徴《誰も教えてくれない歯の常識》

カテゴリー:歯並び

子供の理想的な歯並びには3つの特徴・条件があります。

まず1つ目は上下の前歯の距離です。

それはかみ合わせの問題ですが、きちんとかみ合わせをしたときに上の歯が下の歯よりも2ミリから3ミリほど前にあるのが理想的です。

2つ目は、前歯の中心が顔の正中線といわれる真ん中の線と合っているときれいです。

そして3つ目は、前歯は上と下の歯の隙間が同じ位置にあればきれいな歯並びといえます。

ただ犬歯よりも奥の歯は交互になっている方が理想的です。

このように理想的な歯並びにするには、子供のころの食べ方に注意をしましょう。

歯並びを良くするには顎を発達させて、歯が生える定位置をしっかりと作っておく必要があります。

そのためには良く噛むことや固いものも食べて顎を良く動かすことが大切なのです。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    乱杭歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  2. カテゴリー:歯並び

    出っ歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  3. カテゴリー:歯並び

    歯並びと口呼吸は関係する?意外と知られていないお口と歯の話

  4. カテゴリー:歯並び

    歯並びの悪さは歯周病のもと!毎日の歯磨きで気を付ける3つのコツ

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びと肥満の意外な関係性について徹底解説!

  6. カテゴリー:歯並び

    子どもの歯並びを気にかけ始めるのに最適なタイミングとは?