歯並びといびきの意外な関係性について徹底解説!

カテゴリー:歯並び

一般的に、顎が大きくて歯並びが良い人はいびきをしづらいと考えられています。

これは、顎の発達が不十分だと舌の位置が喉の奥側に下がってしまう可能性が高くなるためです。

歯並びが悪いと、自然と舌の位置取りが悪くなってしまう傾向があるためいびきが出やすくなります。

軌道を圧迫してしまうので、正しい位置に収めることができなくなるためです。

一方で、歯並びが良いとこのようなことにはならないので自然な形で眠りにつくことができます。

小児矯正が重要だと考えられているのも、この要素が大きいです。

早い段階で歯並びの治療を進めていくと、それだけ顎周りにゆとりを持たせることができます。

その影響で、将来的にもいびきをせずに済むようになります。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    歯並びと口呼吸は関係する?意外と知られていないお口と歯の話

  2. おしゃぶりで歯並びは悪くなる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

  3. 歯並びと目の大きさの意外な関係性について徹底解説!

  4. アメリカで歯並びが最低限の身だしなみとされている理由とは?

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びが悪い人に共通する3つの癖の特徴とは

  6. カテゴリー:歯並び

    子どもの歯並びを気にかけ始めるのに最適なタイミングとは?