歯並びは親子で遺伝するのは本当?【矯正歯科のウソ・ホント】

カテゴリー:歯並び

歯並びは、親子で遺伝することがあります。

まず、骨格は親からの遺伝で決まることが多いです。

当然歯並びも親子で似ることがあるため、親の歯並びが悪いと子供にその状態が遺伝してしまうこともあります。

遺伝で歯並びが決まってしまうと、それだけで残念な気持ちになってしまう人も存在していますが、歯並びは遺伝だけで決まるとは限りません。

小さなころから良く咀嚼するようにしたり硬いものを食べるように配慮することで、美しい歯並びを手に入れることができます。

また、不運なことに悪い歯並びが遺伝してしまった場合には、矯正を行うことで美しい状態に改善させることもできます。

親が歯並びが悪い人は、遺伝することを心配することなく努力を行ってみるとよいです。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    歯並びが悪い人に共通する3つの癖の特徴とは

  2. おしゃぶりで歯並びは悪くなる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

  3. カテゴリー:歯並び

    歯並びで顔立ちは変わる?歯列矯正の真偽を調査してみた!

  4. カテゴリー:歯並び

    《乱杭歯》おすすめな治療方法と費用相場まるわかりガイド

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びと肥満の意外な関係性について徹底解説!

  6. カテゴリー:歯並び

    子どもの理想的な歯並びの3つの特徴《誰も教えてくれない歯の常識》