歯並びの悪さは歯周病のもと!毎日の歯磨きで気を付ける3つのコツ

カテゴリー:歯並び

歯並びが悪い人が歯周病などから歯を守るためには、毎日の歯磨きを念入りに行うことが非常に重要です。

その歯磨きにおいて気をつけるべきことは、「歯や歯茎の間に毛先をしっかりと当てること」、「毛先が広がらない程度の力で磨くこと」、「小刻みに歯ブラシを動かすこと」の3つです。

歯並びの悪い人は、歯の間隔や歯茎の隙間が歯並びの良い人と比べると大きい傾向にあります。

隙間が大きいとそれだけ食べ物がとどまりやすくなるため、日々の歯磨きで綺麗にしておかないと歯周病が起こりやすくなります。

力は入れなさすぎると汚れはとれず、入り過ぎると歯や歯茎を傷つけてしまいます。

歯ブラシを小刻みに動かすべきなのは、大きく動かしすぎると全ての歯にまんべんなく毛先があたらないからです。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    哺乳瓶で歯並びが変わる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

  2. 手鏡ひとつで出来る歯並びのセルフチェック5項目

  3. カテゴリー:歯並び

    子どもの理想的な歯並びの3つの特徴《誰も教えてくれない歯の常識》

  4. カテゴリー:歯並び

    歯並び矯正は長年の放置で手遅れになる?【大人の歯科矯正】

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びと口臭の意外な関係性について徹底解説!

  6. カテゴリー:歯並び

    歯並びが良い人が食生活で心がけている3つのポイント