歯並びが悪い人に共通する3つの癖の特徴とは

カテゴリー:歯並び

歯並びはきれいな方が見た目にもかみ合わせ的にも良いのですが、悪くなってしまうには原因があります。

乳歯が生えてくる頃かr指しゃぶりを続けていると顎が前に出てしまったり、柔らかいものばかり食べて噛む回数が少ないと顎が成長せずに歯が生える適切な場所がなくて歯並びが悪くなったりします。

大人も歯並びが悪い人の特徴があるのです。

歯並びが悪いとうまく口を閉じられなくなり口をあけた状態でいる場合が多いため、「口呼吸」になってしまうのは歯並びが悪い人の特徴です。

また「頬杖をつく」のも、歯並びが悪い人の特徴といえます。

頬杖をつくと顎の成長を妨げるので、それが子どものころから習慣になっていることもあります。

さらに「爪を噛む癖」も、歯並びが悪くなる原因になります。

子どものころから知らないうちに爪を噛んでいたという場合は、歯並びが悪い可能性が高いです。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    歯並びが良い人が食生活で心がけている3つのポイント

  2. カテゴリー:歯並び

    歯並びの悪さは歯周病のもと!毎日の歯磨きで気を付ける3つのコツ

  3. カテゴリー:歯並び

    子どもの理想的な歯並びの3つの特徴《誰も教えてくれない歯の常識》

  4. カテゴリー:歯並び

    すきっ歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

  5. カテゴリー:歯並び

    歯並びは親子で遺伝するのは本当?【矯正歯科のウソ・ホント】

  6. カテゴリー:歯並び

    哺乳瓶で歯並びが変わる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説