出っ歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】

カテゴリー:歯並び

出っ歯になる原因は様々ですが、大きく先天的なものと後天的なものに分けられます。

先天的な原因は、さらに上顎が大きすぎることと、下顎の骨が小さいものとに分けることが可能です。

後天的な原因としては、指しゃぶりや爪かみ、舌を前歯に当てるといった癖などが挙げられますが、虫歯や噛み合わせの悪さによって歯が徐々に移動して出っ歯が引き起こされるケースもあります。

また、出っ歯を放置すると歯列全体の噛み合わせが悪化したり、顎関節症を発症したりする恐れがあります。

加えて、虫歯や歯周病のリスクが高まるのも、出っ歯を放置するデメリットのひとつです。

出っ歯の方は、食事の際に汚れが溜まりやすく、ブラッシングの際に磨き残しも生じやすいので、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

関連記事

  1. カテゴリー:歯並び

    歯並びといびきの意外な関係性について徹底解説!

  2. カテゴリー:歯並び

    哺乳瓶で歯並びが変わる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

  3. 手鏡ひとつで出来る歯並びのセルフチェック5項目

  4. カテゴリー:歯並び

    歯並びは親子で遺伝するのは本当?【矯正歯科のウソ・ホント】

  5. おしゃぶりで歯並びは悪くなる?いつ卒業すると影響が少ないのか解説

  6. カテゴリー:歯並び

    乱杭歯になる原因と放置が招く2つの大きなデメリット【歯の常識】