健康保険は使える?矯正歯科の治療前に抑えておくべきポイント

カテゴリー:疑問・トラブル

歯並びにコンプレックスを持っている人は非常に多いです。

そのことで自信が持てなかったり、コミュニケーションを積極的に取れないのであれば、矯正歯科クリニックで治すべきといえます。

しかし矯正治療は高額な治療で、多く歯審美性を重視する自費治療であり、健康保険が使えないケースも多いです。

一方で、矯正歯科治療でも健康保険を使えるケースもあります。

咀嚼のたびに痛みが走る、正常な発生や発音ができないなど健康被害が見られて、上顎前突症などの病名が付く場合には、健康保険適応で治療することが可能となります。

そして上顎前突症で治療した場合は、病気治療の適応なので確定申告において医療費控除を受けることもできるようになります。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    妊娠してから部分矯正を始める前に抑えておくべきチェックリスト

  2. 矯正歯科でEラインがキレイな横顔美人になれるのか調査してみた

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    《40代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    【歯科矯正】よくある失敗パターンと知っておきたい回避方法

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正中に頭痛が起こる原因と痛みを和らげるコツ【知恵袋】

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点