部分矯正NG!?矯正が難しい出っ歯の特徴について

カテゴリー:疑問・トラブル

骨格や噛み合わせに問題が見られる出っ歯は、歯の向きよりも根本的な治療を行う必要があるので部分矯正できません。

部分矯正できない例としてまず、前歯がデコボコして重なり合っているものが挙げられます。

歯が重なっていると3mm以上動かさなければならず、前歯を適切な位置に戻せるIPRができないので部分矯正を行えません。

次に上下の前歯の噛み合わせが悪い出っ歯も、過蓋咬合といって部分矯正ができない例として知られています。

この場合は部分矯正をすることでさらに悪化する恐れがあり、全体矯正で改善していきます。

出っ歯だけを気にして部分矯正を希望する人もいますが、過蓋咬合の治療ができないのでいずれ別の問題が発生し大掛かりな治療を受けることになります。

関連記事

  1. 矯正歯科でデンタルローンを組むメリット・デメリットを紹介します

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    【確定申告】矯正歯科が医療費控除対象になる場合を解説

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    歯科矯正中でも虫歯治療は可能なのか?【お口のトラブル】

  4. カテゴリー:疑問・トラブル

    妊娠してから部分矯正を始める前に抑えておくべきチェックリスト

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    【口内炎】歯科矯正中のよくあるトラブル対処法を教えます!

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    矯正歯科のトラブルはどこに相談すべき?【初めての矯正歯科】