銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点

カテゴリー:疑問・トラブル

銀歯や被せ物がある歯も部分矯正できます。

ただし知っておきたいことが3点あります。

まず矯正した後に銀歯の作り直しが必要になることがある点です。

矯正は歯列を整える治療なので、歯の位置がずれると銀歯や被せ物が合わなくなる場合があります。

次に被せ物がセラミックの場合、接着剤がつきにくいため矯正に時間がかかる点です。

また接着力を上げるために付けた傷でセラミックが壊れてしまうこともあります。

最後はそもそも部分矯正に向いていない歯並びの場合です。

部分矯正で治すには歯の隙間が足りない、気になる箇所を動かしたら奥歯まで動いてしまうかもしれないときです。

部分矯正できるかどうかは医師の判断によりますが、適応できるのはほんのわずかな歯並びを治すときだけです。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    矯正歯科を安く提供出来るのはナゼ?そのからくりを大公開!

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正NG!?矯正が難しいすきっ歯の特徴について

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正中に頭痛が起こる原因と痛みを和らげるコツ【知恵袋】

  4. 矯正歯科でデンタルローンを組むメリット・デメリットを紹介します

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    《50代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正の通院頻度は?医師が診察するポイントをまとめてみた