銀歯や被せ物がある歯の部分矯正は可能?抑えておくべき3つの注意点

カテゴリー:疑問・トラブル

銀歯や被せ物がある歯も部分矯正できます。

ただし知っておきたいことが3点あります。

まず矯正した後に銀歯の作り直しが必要になることがある点です。

矯正は歯列を整える治療なので、歯の位置がずれると銀歯や被せ物が合わなくなる場合があります。

次に被せ物がセラミックの場合、接着剤がつきにくいため矯正に時間がかかる点です。

また接着力を上げるために付けた傷でセラミックが壊れてしまうこともあります。

最後はそもそも部分矯正に向いていない歯並びの場合です。

部分矯正で治すには歯の隙間が足りない、気になる箇所を動かしたら奥歯まで動いてしまうかもしれないときです。

部分矯正できるかどうかは医師の判断によりますが、適応できるのはほんのわずかな歯並びを治すときだけです。

関連記事

  1. カテゴリー:疑問・トラブル

    《40代》大人の歯科矯正の費用相場は?治療法別にまとめてみた

  2. カテゴリー:疑問・トラブル

    健康保険は使える?矯正歯科の治療前に抑えておくべきポイント

  3. カテゴリー:疑問・トラブル

    【口内炎】歯科矯正中のよくあるトラブル対処法を教えます!

  4. 矯正歯科でEラインがキレイな横顔美人になれるのか調査してみた

  5. カテゴリー:疑問・トラブル

    部分矯正NG!?矯正が難しい出っ歯の特徴について

  6. カテゴリー:疑問・トラブル

    妊娠してから部分矯正を始める前に抑えておくべきチェックリスト