マウスピース矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

カテゴリー:歯科矯正

ワイヤーやブラケットを使わないで、透明のマウスピースを矯正装置として用いるマウスピース矯正用は、矯正治療の主流になりつつあります。

しかし、当然ですがデメリットもあります。

まず、適応できる症例や歯並びに限りがある点です。

合わない場合は、従来通りワイヤーやブラケットを使うことになります。

また、装着時間を守らないと治療の効果が出ないこともデメリットの一つです。

取り外しが可能でストレスが少ないため、はずしてしまいがちですが、医師の指示に従って装着しないと意味がありません。

そして、マウスピースの洗浄などの自己管理が必要な点も、マウスピース矯正のデメリットです。

手間はかかりますが、清潔な状態で使用することはマウスピース矯正において重要であるといえます。

関連記事

  1. カテゴリー:歯科矯正

    《歯科矯正》歯ブラシの選び方と初心者でも扱いやすいおススメ3選

  2. カテゴリー:歯科矯正

    顎変形症で歯科矯正を検討する際に抑えておきたい3つのポイント

  3. カテゴリー:歯科矯正

    部分矯正で出っ歯を治すための治療法を程度別に紹介します

  4. カテゴリー:歯科矯正

    裏側矯正|矯正開始前に知っておくべき3つのデメリット

  5. カテゴリー:歯科矯正

    顎関節症で歯科矯正を検討する際に抑えておきたい3つのポイント

  6. カテゴリー:歯科矯正

    子供の歯科矯正|費用は?治療方法別に費用相場を大公開