インビザラインは食いしばり癖があっても大丈夫!その対策とお役立ちアイテムを教えます

カテゴリー:インビザライン

インビザラインの矯正治療中に食いしばり癖があっても、大きな問題はありません。

なぜなら普段食いしばり癖がない人でも、矯正治療中は無意識に歯を食いしばることが多くなってしまうからです。

特に新しいインビザラインに交換した時には、歯の痛みや違和感が起こり、そこから食いしばりにつながりやすくなります。

食いしばりが強くなると頭痛を引き起こしてしまうので、対策としては頭痛薬を飲むことをおすすめします。

また、薬を飲むことに抵抗がある場合には、頭痛対策として、おでこに貼るタイプの冷却シートを用意しておくようにしておくと便利です。

おでこを冷やすことで頭の痛みが緩和されて、薬を飲まなくても不快感を軽減することができるでしょう。

関連記事

  1. カテゴリー:インビザライン

    【確定申告】インビザラインが医療費控除対象になる場合を解説

  2. カテゴリー:インビザライン

    《大阪エリア》安いのにインビザライン認定医がいるクリニック3選

  3. カテゴリー:インビザライン

    《名古屋エリア》安いのにインビザライン認定医がいるクリニック3選

  4. カテゴリー:インビザライン

    外食でのインビザライン矯正を外すタイミングとマナーについて

  5. カテゴリー:インビザライン

    《神戸エリア》安いのにインビザライン認定医がいるクリニック3選

  6. カテゴリー:インビザライン

    【歯科矯正SOS】インビザラインマウスピースをなくした時の対処法